盲ろう者への通訳・介助―「光」と「音」を伝えるための方法と技術

【目次】
第1章 盲ろう者福祉のあらまし(塩谷 治)
第2章 盲ろう者への通訳・介助の基本(福島 智)
第3章 手書き文字通訳の方法と技術(山岸康子)
第4章 音声通訳の方法と技術(庵 悟)
第5章 手話通訳の方法と技術(田幸勇二)
第6章 指点字通訳の方法と技術(甲賀佳子)
第7章 点字通訳の方法と技術(橋間信市)
第8章 ローマ字式指文字通訳の方法と技術(三科聡子)
第9章 筆記通訳の方法と技術(橋間信市)
第10章 身振りサインや実物触察などによるコミュニケーションの方法と技術(星 祐子)
第11章 盲ろう者の移動介助の方法と技術(前田晃秀)
第12章 盲ろう疑似体験(前田晃秀)
(資料編)
1 盲ろう者福祉の動向
2 平成16・17年度「盲ろう者生活実態調査報告書」抜粋
3 書籍紹介

盲ろう者への通訳・介助―「光」と「音」を伝えるための方法と技術
商品コード: 1017
盲ろう者への通訳・介助―「光」と「音」を伝えるための方法と技術

社会福祉法人全国盲ろう者協会 編著
●A5判・188ページ
日本に約1万3千人いると推定されている盲ろう者は、その人の見え方、聴こえ方、これまでのライフスタイルなどにより、手書き文字、音声、手話、指点字、点字、指文字、筆記など、さまざまなコミュニケーション手段を使っています。
本書は、一人ひとり異なるニーズのある盲ろう者を支援するため、これまで工夫されてきた多種多様な通訳・介助の方法と技術を体系的に学べる本格的なテキストです。
※本書には、「電子データ版(本文テキストデータ、PDFデータ、点訳データ収録)」が用意されています。本書を購入される方で、「電子データ版」をご希望の方は、お手数ですが、購入の際、「電子データ版希望」とお伝えください。

関連カテゴリ:
SUPPORT > 盲ろうの人をサポートするための本
販売価格:1,728
数量
在庫
有り