指点字ガイドブック―盲ろう者と心をつなぐ

【目次】
1章 盲ろう者について知ろう
2章 指点字について知ろう
3章 指点字を打ってみよう
4章 指点字で話してみよう
5章 指点字で通訳・介助してみよう
6章 移動介助中の通訳・介助態勢
7章 情報入手の支援(買い物と食事)
8章 第三者とのコミュニケーションの支援(通院)
9章 複数の第三者とのコミュニケーションの支援(会議)
10章 機器を使って通訳をしてみよう
(コラム)
「『ゆびてんじ』の誕生にいたるまでのこと」福島令子
「おばあちゃんとの15分間の楽しいおしゃべり」藤鹿一之
「指点字の利点と課題について」田幸勇二

指点字ガイドブック―盲ろう者と心をつなぐ
商品コード: 1027
指点字ガイドブック―盲ろう者と心をつなぐ

認定NPO法人東京盲ろう者友の会 編著、福島智(東京盲ろう者友の会顧問、東京大学教授) 監修
●B5判・116ページ
「目が見えない・見えにくい」「耳が聞こえない・聞こえにくい」という両方の障害のある人のことを「盲ろう者」といいます。
本書は、盲ろう者のコミュニケーションの方法として知られている「指点字」をわかりやすく体系的に学ぶことができる日本では唯一のガイドブックです。

関連カテゴリ:
SUPPORT > 盲ろうの人をサポートするための本
COMMUNICATION > 点字・点図
販売価格:1,512
数量
在庫
有り