凸面点字器「トツテンくん」について

トツテンくん画像

トツテンくん画像

特定非営利活動法人日本点字普及協会が企画した凸面点字器「トツテンくん」が長年の改良作業を経て、このたび完成し、11月1日(日本点字の日)サイトワールドでお披露目されました。
製作したのは、島根県にある出雲樹脂という会社です。読書工房は、発売元という立場で、弊社をはじめ、全国に販売店を増やすことを目指して、関わることになりました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

★現在の販売店は、以下になります。(2018年1月19日現在)
(送料や支払い方法などは、各販売店の規定により異なりますので、直接お問い合わせください)
◎社会福祉法人桜雲会
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-11-14-102
電話:03-5337-7866
★NEW! ◎視覚障害者総合支援センターちば
284-0005 千葉県四街道市四街道1-9-3
電話:043-420-8763
◎社会福祉法人日本ライトハウス情報文化センター
〒550-0002 大阪府大阪市西区江戸堀1-13-2
電話:06-6441-0039
◎社会福祉法人京都ライトハウス
〒603-8302 京都府京都市北区紫野花ノ坊町11
電話:075-462-4400
◎福岡点字図書館 購買部
〒816-0804 福岡県春日市原町3-1-7 クローバープラザ内
電話:092-584-3590

★インターネット上での注文は、下記URLからお願いいたします。
https://xc527.eccart.jp/w769/

【トツテンくんの特徴】
これまでの点字器では、点筆を使って点を書く際、下に点が出るので、読む面をちょうど真裏から見た状態で点の位置を覚え、書く必要がありました。
つまり、点字を「読む」面(凸面といいます)と、「書く」面(凹面といいます)が異なっているので、両方覚える必要があったわけです。
もちろん、点字を長年使いなれている視覚障害当事者の方々は、それでとくに支障を感じることはありません。
今回開発された凸面点字器「トツテンくん」は、「読む」面(凸面)の点字と同じ形の点字を書くことができるのが大きな特徴です。
そこで、これまで中途で視覚障害になり、点字を覚えたいのだがなかなか覚えるのがむずかしいとあきらめてこられた方々や、小・中・高校・大学・専門学校などで、初めて点字を学習する人たちが、この点字器を使うことにより、点字が覚えやすいという利点があります。
また、Lサイズ点字を採用していますので、触読の練習にも最適です。

トツテンくん解説チラシ

トツテンくん解説チラシ


【トツテンくんの概要】
★メーカー希望小売価格1,500円+送料
★点字サイズは、Lサイズ。
★26マス×4行。
★定規と点筆の色は、5色(グリーン・クリーム・ピンク・ホワイト・ブルー)です。
専用ケースに入っています。
★トツテンくんの上板は透明になっているので、用紙に書かれた文字の位置を見ながら点字を書くことができます。
★トツテンくんの下板の切り欠きにあわせて、かんたんに名刺がセットできるので、名刺に点字を入れることができます。
★トツテンくんには、テープガイドがついているので、12ミリ幅のテープ(タックテープ)に点字が書けます。