現場に役立つ「ホワイトボード」を活用するための本を出版します!

現在、編集製作を進めているのは、『子どもが変わる!ホワイトボード活用術―見る・聞く・書く・話す・参加するために』という本です。
著者は、香川県立高松養護学校の西村健一さん、越智早智さんです。
本書は、 LD、ADHD、自閉スペクトラム症などの発達障害の子どもをはじめ、 学習やコミュニケーションに課題を抱えている子どもたちを、 ホワイトボードの「書くこと」「消すこと」「示すこと」の3つのシンプルな機能を使い、「できる」「わかる」に導くアイデアを解説します。