メジロー ONLINE 書店

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中
商品カテゴリ
会員登録
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
商品詳細
 

多様性と出会う学校図書館



「多様性と出会う学校図書館 一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ」  A5判 176ページ ISBN978-4-902666-35-9 C0037

〜一人ひとりの自立を支える合理的配慮へのアプローチ 
 

野口武悟・成松一郎 編著


本文より

 学校図書館という場は、だれにも自分の価値を評定(査定)されず、自分の意 思で足を運び、自由に集い、向ままに文化的なものに触れられる ところ だ。多様な情報、多様な文化、多様な人びとにつながることができる場 ――多様 性と出会うことのできる貴重な空間なのである。

 学校の実情や在籍する子どもの実態に応じて、さまざまな取組みや実践を創造、展開することが可能である。そのヒントを本書で紹介する事例からぜひ 見つけていただきたいと思う。

2015.8


商品番号 1032
商品名 多様性と出会う学校図書館
販売価格 1,944円
税別価格 1,800円
メーカー

数量:

【もくじ】

 

はじめに 野口武悟(専修大学文学部教授)

1.「多様性と出会う学校図書館」を考えるための3つのキーワード 成松一郎(読書工房代表・専修大学文学部講師)

   一人ひとりの特性とニーズを知るために 成松一郎

2.読書と学びのサポート

 ・生きる力や自立につながる、さまざまな資料やサービスを 児島陽子(鳥取大学附属特別支援学校 教諭)

 ・個々の学びのスタイルで取り組む探求型学習 彦坂菜穂子(狛江市立緑野小学校 知的障害特別支援学校“えのき学級”担当教諭)

 ・読むことが苦手な子どもたちも図書館は大好き 神山 忠(岐阜市立岐阜特別支援学校 教諭 同地域支援センター長)

    Column 読みのメカニズムから一人ひとりにあった支援を考える 河野俊寛(金沢星稜大学人間科学部教授)

 ・ロービジョン当事者が語る「子どもと読書」「図書館利用術」 村上卓也(視覚障がい者ライフサポート機構“viwa”事務局)

 ・全盲生徒のiPad活用から見えてくるデジタル時代の授業の可能性 山本一寿(大阪府立視覚支援学校 教諭)

    Column 視覚サポートを使ったiPadの活用のしかた きほんのき  読書工房編集部

 ・病弱の子どもたちへの図書サービス 渡辺真希子(神奈川県立こども医療センター図書室)

    Column 多様性を認めて伸ばす理科的読書案内 土井美香子(ガリレオ工房)

 ・生徒たちの自立した豊かな生活への足がかりをつくる 松田ユリ子(神奈川県立田奈高等学校 学校司書)

    Column 変な大人が若者の生きるストライクゾーンを広げる 石井正宏(NPO法人パノラマ)

 ・他者と出会い、自分と出会う場 ―セクシャリティの固定観念を超えて 土肥いつき(セクシャルマイノリティ教職員ネットワーク)

 ・難聴当事者の立場から思うこと―図書館に期待される役割 小川光彦(全日本難聴者・中途失聴者団体連合会 情報文化部)

 ・手話を母語としている子どもたちにとっての読書とは 長谷部倫子(明晴学園バイリンガルろう教育支援室)

    Column フランスの学校図書館から考えること 須永和之(國學院大学文学部教授)

 ・多文化共生の学校づくり―視覚に訴える情報提供の工夫を 菊地 聡(横浜市立飯田北いちょう小学校 主幹教諭 国際教室担当)

 ・外国にルーツのある子どもと、図書館をつなげる、情報をつなげる 加藤佳代(神奈川県立地球市民かながわプラザ外国人教育相談コーディネーター)


資料編 ブックリスト、参考ウェブサイト、索引